チュウサギ

コウノトリ目サギ科

福島潟周辺には、夏、繁殖のために訪れます。
その名の通り、コサギよりも大きく、ダイサギより小さいのですが、
遠くからの観察では、大きさの感覚は狂うので、
特にダイサギとの識別は慣れるまで難しいと思います。
眼下に入る口角の切れ込みが眼の真下で止まるところ
(ダイサギは眼より後ろまで食い込む)や、
嘴が短めで、頭部と嘴の比率がダイサギより小さいことなどで識別します。

参考サイト
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』…チュウサギ
Yachoo! オンライン野鳥図鑑…チュウサギ

2008年9月14日 新潟県新潟市福島潟近くの水路にて。
群れのほとんどがチュウサギのようです。

2008年9月14日 新潟県新潟市福島潟近くの水路にて。
眼下に入る口角の切れ込みが眼の真下で止まっています。

2008年9月13日 新潟県新潟市福島潟遊潟広場にて。
左の個体は夏羽から冬羽へ移行中のアマサギ。
右の個体がチュウサギ。
当ホームページに掲載の記事・画像は、一切の無断転載・二次利用をお断りしております。
 
inserted by FC2 system